ぎっくり腰に

ココ週間で最高思い込みにおけるのはぎっくり腰になってしまった事です。
ぎっくり腰って本当に必ずや大変ですね!
いつか姉が家でぎっくり腰になったタイミング、腰が痛くてまるっきり動けなくなってしまったのを抱腹絶倒してみてたんですが、もう一度笑えません!
我々はとある夕刻湯船扶養を通じてたんです。
いつも通り掃除していたら『ピキーンっ』って腰に疼痛が走り動けなくなってしまいました。
うちには誰もおらず我々はお風呂場から出る事が出来ませんでした。
立てないし、ハイハイもできないしその場におけるしかありませんでした。
そうこうしてるうちに母体が役回りから帰ってきてどうにか助けてもらい銭湯から脱出。
も立てません。座れません。
寝てるしかなくて、けれども翌日役回りだからやっと当夜中には臨めるようにならないとと思い母体に車種を出してもらい近くの接骨院へ。
行ったらほとんど、ベッドにうつ伏せに寝かされ腰に電気を当ててくれました。
中心半ぐらいですかね、時間的に。
そのあと先生のマッサージを受けたんですが、『なかなか疲れ溜まってるねぇ。』って言われました。
確かに私の役回りはみんなが休日の時忙しない役回りでお盆が終わってホッってしてるタイミングでした。
また、『クーラーで人体冷えてるよ。館内それ程気持ち良いの?』って言われ、確かに先方が暑いミドル来てくれて暑かったら心残りだからって言って用意温度を下げてるのは事実です。
我々は暑がりだから涼しくても無事故って思ってたけど、人体は噂つけないんですね!?
その日はマッサージの後足湯を通じて帰宅しました。
接骨院をめぐってともかくゆっくり歩けるようになりました。
も立ってる病状から座ったり、その逆をするのがすでに恐ろしいだ。
またいつぎっくり腰なるかわからないので。
少々接骨院通いが続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です